将来を見据えているならベルランド看護助産専門学校へ行こう

医者と看護師

ニーズのある仕事です

男性

作業療法士は医療の現場になくてはならない仕事の1つです。そして専門性の高い知識を有している必要があるので、国家試験をパスした人のみが資格を得ることが出来ます。作業療法士は免許制になっており、国家試験をパスすると厚生労働大臣から免許が与えられる、という仕組みです。作業療法士は主にリハビリなどの現場でニーズが拡大しており、身体機能の維持や向上などリハビリステーションに従事する人が多くなっています。また、学校や小児医療の現場にも重要が拡大しており、リハビリを支えるプロとして理学療法士とならんで人気がある仕事です。資格の取得には国家試験を受けるための準備が必要になるため、医療系の専門学校・短大・4年制大学などに進学することになります。リハビリの補助は運動を支えるイメージがありますが、細かい指の動作や、食事をするための動作の能力など日常生活に必要な動作も支える仕事です。また、事故のケアや病気のケアもリハビリの有無は心の在り方にも大きな影響を与えます。身体を動かすことは前向きな自分を取り戻す作業でもあるので、作業療法士の仕事は非常に役立つ仕事なのです。資格の取得は看護師などに比べると緩やかとされており、近年では別の医療資格を既に持っている方がリハビリ知識を身に付けるために再度学校へ入学を行う人も増加しています。高齢者の身体機能の維持も今後作業療法士の重要な仕事の1つになると思われ、日本の医療を支える仕事としてさらに人気は高まるでしょう。